かっぱの河流れ
Audi好きかっぱの電脳日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディーゼルの怪物
Audiの新たなル・マンマシン「R10」が発表されました。

http://www.audi.com/audi/com/en1/experience/motorsport/r10.html

パワーユニットは、

5.5L V12 ターボ・ディーゼル
最高出力 650hp
最大トルク 1100Nm



正直びっくりですね。
ついにハイスピード・モータースポーツの世界にもターボ・ディーゼルの時代が到来しました。
低回転(3000~5000RPM)で強大なトルクを放射するエンジンは、シフトチェンジの回数を減少させるほか、メカニカルなストレスも軽減されるものと考えられます。
補器類も含めてトータルな耐久性がモノをいうル・マンでは、大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

マシンの造形もさらに洗練され、一層戦闘的に見えます。
はたして、この怪物マシンはユノディエールを何キロで駆け抜けるのだろう。

当然こうしたレーシングノウハウは、市販車にもフィードバックされるものであり、近い将来GTカーの大半がディーゼルエンジンを積むことにもなるのだろうか・・・。

スポンサーサイト
逡巡・・・
タイヤの山も厳しくなってきたのでそろそろ交換です
我が愛馬には素ノーマルの65プロファイルタイヤが装着されてます
タイヤだけ4本交換しても5~6万円かかります

ヤ○オクで発見 17インチ中古ホイール+新品タイヤ4本
タイヤのみ交換するのにちょっと上乗せすれば「買える」お値段

(以下逡巡)

ロープロファイルタイヤか・・・欲しいなあ・・・
一応スポーツサス・ショック組んでるんだし・・・

でも一応「家族サービス仕様」なんだよなあ・・・
乗り心地悪くなるかなあ・・・

でもホイール付きだしなあ・・・
お買い得だよなあ・・・
母ちゃんにばれたら・・・怒るかなあ・・・

でもどうせタイヤ換えなきゃなんないんだし・・・「ついで」だよなあ・・・

んでもって純正アルミよりカッチョヨクなるんだし・・・
どーせかかる経費と「そんなに」変わらないんだし・・・

「年考えなさい」って言われるんだろなあ・・・
年はとっても欲しいもんは欲しいよなあ・・・

あこがれの45タイヤだよなあ・・・
でも今でも乗り心地悪いからなあ・・・

「イイ→悪い」ならやばいけど、「悪い→ちょっと悪くなった」なら気づかないかも・・・

あ~落札しちゃおかな・・・
オフセットもばっちりで、もうお目にかかれないかもなあ・・・

あ~あ・・・










カチッ(click!)
「落札オメデトウゴザイマス」・・・





買っちまった・・・
ゆるせ、妻よ・・・




PS3!
久しぶりの更新です
といっても仕事中の投稿・・・(-_-;)

PS3がSCEIから発表されました
すさまじい性能を秘めているらしい

BD-ROM対応で、メディアの容量は2層54GB!
GT5についつい想いをはせる今日この頃

ってかGT4の更新29%あたりで止まってるんですけど・・・orz

N1タイヤ最速は?
忙しくてなかなかGT4できない日々が続きます

ハチロクやチンクにN1タイヤ装着してニュルってきましたが、フト思う

N1タイヤ最速はナンダロウ???

外国車ではバイパーやメルセデスといった「ばけもの」マシンがいるので、国産ノーマル市販車でトライしてみようかな
おそらくNSX-Rが台頭してくるのだろうが、N1タイヤの暴れっぷりが気になるところ
インプC、GT-RなどのAWD軍団のほうがトラクションが有利とも思われる
FR軍団ではFDか?

その前にAWD車の「曲がり方」をベンキョーする必要ありですな orz

ルパン三世
最近のハマりもの



FIAT500L
小さなイタリアン・トッポリーノです
「カリオストロの城」ではルパン三世の愛車でした(っけ?)
ネットで勉強したところ、「L」は「LUSSO(豪華・贅沢)」のLらしい
バンパーのガードパイプも雰囲気ですねえ
それに、なんとこの小さなマシンは4人乗りなのです

筆者の最初の所有車は、解体屋からほりおこした「ホンダライフSuperCustom」(昭和48年)でした
水冷2気筒360ccに京浜ツインキャブを装着して36ps最高速度120km/hを引き出す優秀(?)なマシンでした
ホンダの4M思想(マンマキシマム・メカミニマム)の基にリリースされたライフは4人乗り4ドアだったのですが、友人たちは皆申し合わせたように助手席をたおして後部座席に乗り込もうとしてました(ったく失礼な)

それはさておき
このマシンをニュルに持ち込むためにフルチューンしてみました

空冷2気筒499cc17psのパワーユニットは、ターボ装着により82ps!
最高速度は実に185km/h
駆動系、足回りもすべてレーシングパーツを奢り、その実力は

N1タイヤで9分55秒 です

ハチロクの1分落ちとはご立派

ホットユニットを搭載した愛らしい「お尻」は、きっと火事寸前
定番の「エンジンフード開放」できるといいなあ



ニュル・ファミリーカップ、レベル4(83~87pts)で奮闘中
トップには立てるものの、いつも2周目後半で銭形のとっつあんにパスされてしまいます
まだまだ修行が足りぬ・・・南無



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

powered by Google

Powered by Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。