かっぱの河流れ
Audi好きかっぱの電脳日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期NSX
次期NSXのスパイビデオが各所でお目見え。

ニュルを走るNSX

5リッターV10を積むFRといわれる次期NSXですが、S2000の顔つきにRX8のフォルムを併せ持ったようなデザインと感じました。
いまひとつ腰が高いようにも見え、現行NSXの地を這うような視覚的な安定感とは一味違うようです。

ピュアスポーツとして生まれたNSX。
ジャガーやマセラティのようなGT系で二代目の狼煙は上げられるのか?

スポンサーサイト
FSW カートデビュー
突然上司から「明日は休め」といわれたので、全くの思いつきで富士スピードウェイでカートデビューしてきました。

FSWカートコースは、全長520mで本コースを模したコースレイアウト
7周走行(うち中5周をTime計測)で1500円。
35秒切れればスーパーカートに乗れるらしいので、目標を35秒にセットしていざ出陣!

走行1回目
デビューラップは5台混走。40秒切れず。
あまりの不甲斐なさにしばし凹む。

走行2回目
単独走行。
2周目の1コーナーでスピンしてやや吹っ切れたのか、38秒台。
コースアウトしても絶対安全なのに、アクセルを保ちきれない。

コース図と相対し沈思黙考

走行3回目
単独走行。
ライン取りに気をつけ、スピン覚悟の全開(本人的には・・・)アタック。
36秒508!

この時点で、眼はくらむし、腰は痛いし、動悸はするし、腕は震えるし、体力的に限界です。
あと2回こなせれば35秒斬りも夢ではないかも。(負け惜しみ)

たった82ccのカートですが、経験したことがないダイレクト感、スピード感、強烈な横Gが味わえ、とても楽しかったですよ。病み付きになりそうです。

そのうちFSWのコースレコードページに掲載されると思います。


第2世代 Audi TT
第2世代のAudiTTが発表されました。

Driving Futureで見る

個人的にはやはりアリなのですが、諸兄のご意見やいかに。

ちなみに我が家のA3SBは、ステアリングあたりからの異音対策のため、今日から3日間(予定)の入院です。
代車にTTが来ているのですが、仕事が忙しくて乗る時間が取れるかどうか・・・

今日は残業で何時になってもTTに乗ったるど~~(▼▼メ)

ヒヤリ・・・
スーパーマーケットの駐車場で、我が家のA3SBのとなりに頭から駐車しようとするSUVあり。

明らかにA3に近い。内輪差で当たりそう。おいおい・・・

切り返してる。ちょっと切り方逆なんじゃないの???

慌ててる。おちつきなさいよ。




ブフォ~~~~~!グワシャッン☆!




なんとそのSUVは意味不明のフルアクセルで1台空いたとなりのSUVに突っ込んで逝きました・・・なんで?

おそらく、切り返しをしようとしたがうまくいかず、何度も繰り返しているうちにテンパッてしまい、RのつもりがDのまま、ブレーキのつもりで思いっきり踏んだのがアクセルだった。
ということだと思われます。

A3には被害がなかったのですが、突っ込まれた方はとんだ災難です。
駐車場自体はそれほど混雑してなく、無理してそこに入れる必要もなかったはずです。




入り口に近いから・・・。
そんなに大事なことでしょうか?

私達はクルマという鋼鉄の塊を操っているのです。
「無理をしない勇気」が一番重要なのかもしれませんね。

観音開き
RX-8の観音開きはスポーツカーのユーティリティを大幅に向上させた「逸品」です。
最近、モーターショーで観音開きのコンセプトカーが出てきています。

ジュネーブショー 2006 フォルクスワーゲン コンセプトA

デトロイトショー 2006 ミツビシ コンセプトCT

市販車ベースで実現するかどうかはわかりませんが、RX-8の先進性が影響を及ぼしているのであれば、それはHappyなことだと想います。



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

powered by Google

Powered by Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。