かっぱの河流れ
Audi好きかっぱの電脳日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地ハチロクTT(その参)
聖地ハチロクTTも中締めです
「ハチロクマイスター」の称号をいただきました
タイム的にはTTさんがブッチだったのですが、さしずめ「功労賞」かと
参加のみなさん、本当にお疲れ様また、ありがとうございました

ノーマル+N2+トランスミッションという修行僧的レギュレーションにもかかわらず、9分1秒台の世界に突入したのは、旗揚げした本人もびっくり
主催者の「水入り」がなければ、オーバーレブ間違いなしの過熱ぶりでした
また新たなミッションが立ち上がると思いますので、そちらでもウデを磨いて、いつかもう一度「ハチロクTT-再び」をできたらいいなと思います

旗揚げの時、GOLDラインは9分!とかなり欲張り気味(無謀とでも言うべきか)の設定でしたが、奇しくもそのとおりになってしまったのは、やはりみなさんの情熱と切磋琢磨の賜物だと痛感しています
(自分的には5秒がヤマだろうと・・・)

思えば、RX杯のとき、基準タイム(私が勝手に出したのですが・・・)から約10秒の短縮、そして今回のハチロク杯も約10秒の短縮を実現してしまいました
ただ、今回のハチロク基準タイムは、海かっぱ@修行僧が、それなりの努力の末に出したタイムだったので、そこから10秒を短縮してしまったのはとても意義深いことだと思います

単なるテンロクFRのマシンに、ハイテクなどとはほど遠いこのマシンに、これほどまでのめり込んでしまう・・・
これは、いかにハチロクが我々のハートに熱い思い出を残し、GT4の世界においても魅力的に再現されているかということでしょう
トヨタさん、きっとまたこんなにスバラシイ車を世に送り込んでくださいね

「ハチロクTT-再び」
次回の基準タイムは8分59秒からですか?ねえTTさん(^^)

スポンサーサイト
ナイキOneって
ナイキOneって、未来のフォーミュラなんでしょうね
ブレーキ踏むとリアウイングが動いてエアブレーキになったり、各ホイールごと原動機がついていたり、たしかに凝ったつくりです
ドライバーも「お馬さん」スタンスというか、四つんばいになってドライビングしていますが、



これってとってもつらくないですか?



このスタンスでこれだけのパフォーマンスを受け入れるのは、正直相当つらいかと・・・
減速Gで首が抜けるんじゃないだろうか
ましてや前車に追突なんかしちゃったら・・・
o)))..........。rz。

スプラッター系ですね

息子がドライブするナイキOneをみながら、そんなことを想ってみました


秘密兵器?
GTFpは環境がないので買えない
でもDS2では限界

そこに天からひとすじの光明が!




ねじこん




そうです ナムコさんが技術の粋を結集したネジネジコントローラです
ステアリング部はもとより、アクセル・ブレーキボタンもストロークが深く、DS2の数倍の操作性を実現しています
唯一の欠点は、ネジコンはPS用コントローラであり、PS2には使えないというところです

それって致命傷じゃね~かワレ!b(▼▼メ)

しかし技術というものは不可能を可能にすることができるのです
さるお方がPS2用のUSBインターフェースをなんと自作して販売してくださるとのこと!
おお神よ・・・

手元に届くのは少々先になりそうですが・・・待ち遠しい
これならハチロクTT5秒斬りも可能か?

聖地ハチロクTT(その弐)
トップタイムをマークしていたニュル・ハチロクTT
慢心していたわけではないのだが、J室岡さんにあっさりパスされてしまった
初心に還って一から出直し

TT板でもギアセッティングが話題に上らないのは、皆さんそれぞれ秘策をお持ちなのであろうと推測するところ

ギアセッティングの切磋琢磨もしたいので、私のセッティングを公開してみます
ご意見頂ければと

ネタバレ要素にもなるので、自己コメントにさせて頂きます
興味のある方のみどうぞ

PS:セクタタイムも追加しました

これって・・・
GTFp欲しいのですが買えません
こんなの使ったことある方いらっしゃいますか?

http://www.hori.jp/products/ps2/controller/zt2/index.html

効果のほどは・・・不明ですが

聖地ハチロクTT(その壱)
聖地ニュルTT(タイムトライアル)でいよいよ旗揚げです
お題はやっぱり「ハチロク
とりあえずご法度「自己増殖型複製購入法」により4代目のハチロクパンダを調達
識別用にアルミホイールを交換(4台あると見た目で分けてないとね)してからディーラーへGO!
N2タイヤとトランスミッション(当然フルカスタマ)のみ購入

レギュレーションは基本的にノーマル+N2タイヤなのですがワンポイントとしてトランスミッションの換装を「可」としました
パワートレインがノーマルなだけに、ギア設定がうまくいけば(特にニュルでは)タイムアップにつながることは間違いない
逆に「ギアレシオの魔宮」にのみこまれると一生出てこれないとか・・・

いざニュルへ
トランスミッションはノーマルのまま
N2タイヤのグリップ感はノーマルサスにちょうどよいらしく、軽やかなフットワークで非常に扱いやすい(実車ではゴツゴツするだけでお世辞にもいい足ではなかったが・・・)

高速コーナーで少々気を遣うものの、N1タイヤほどの緊張感は必要ないようです
欲を言えばデフがほしいところ

バックストレート前のガルゲンコップフをうまくクリアできたLAPで好タイム

9分11秒718

かなり満足できる結果だったので、聖地ニュルTTで旗揚げ!
(ってゆーか闘志ムキ出しだったりして)


しかしN2タイヤとはいえ所詮ノーマル車
以前はこんなタイムは想像すらできなかったハズ
聖地TT板のRX-8杯以後、確実に成長したのでしょうね
コーナーへのアプローチ、クリッピングポイントまでの姿勢制御、クリップの見極め、クリップ通過後のトラクションコントロール、つぎのコーナーへの準備
それぞれが一連のものとして、からだが覚えてきたのだと思います
TT板での切磋琢磨に大感謝です

てなことを回想しながら

9分09秒927

さあ、いよいよギアレシオの魔宮へ!


86レビンでニュル快走(その八)
RX-8でのTTでシルバーなんていただいてしまってすっかりご機嫌の海かっぱです
次なるお題のコルベット・クーペに挑戦しながらも当初のタイムを更新できずクサれ気味
やっぱ3速ATだと少々刺激不足の感あり
てなことでN1タイヤでの9分斬り軽量化なしにフラッシュバック!


マフラーとROM交換で148PS
足はそこそこにキマっているので、とりあえずこのままコースイン
コルベットとのギャップに少々困惑(そういえばA310でも相当遊んだからかな)

やっぱハチロクいいねえ~ ウムウム

軽いフットワークでひらりひらりとコーナーを回遊
5周目に好タイムを記録

9分05秒558!

まあ今日はこんなとこですかね(^^) ←大満足
パワーが上がった分スピードが乗るようになり、コーナーの突っ込みを慎重にすればもう少しタイムアップできるはず・・・ってことは

9分斬りも夢じゃない!

RX-8だって未知の領域に到達することができたのだ
なせばなる なさねばならぬ云々

ここでフト疑問?
コルベットより明らかにフットワークよくて、スピード感もあり、手応えもあるのに9分切れてないんですよね
感覚的にはコルベットよりアットー的に速く感じるのになあ
コルベットはエグゾーストも控えめだし、トルクが太いから知らないうちにスピードのってるし、結構足もいいってことなんだろうか・・・
ちなみにコルベットでは8分54秒某でした



マジですか
GT4のオフィシャルサイト覗いてびっくり

「GT4 真剣勝負(マジバトル)」

ついにオフィシャルサイトでのタイムアタックか!
と思いきや、メーカーの代表ドライバーが出てきてトーナメントやるらしいです
参加するメーカーにとっては、看板賭けた大勝負かもしれませんが、GT4ユーザーにとってはなんかメリットあるのだろうか・・・
マツダスピードアテンザさんのTTは、ユーザー参加型なので意義深いものだと思いますけどこちらは・・・否定はしませんけどいかがなものかと

RR試食
RX-8もそろそろおなかいっぱいになってきたので、ちょっと味付けの違うのを試食してみる

こいつ↓です

アルピーヌA310 1600VEですね

N2タイヤで筑波を快走(のつもり)するワンショット
1コーナーの突込みからクリップ手前あたりですね
RRの特性はいまいち理解していないのだけど、アクセルオフでお尻がどんどん流れてとても気持ちよい
特に筑波はヘアピンが3つもあるので、流しっぱなしでクリアできるとチョー楽しい

ここでちょっと修行してからニュルに持ち込むとしましょう
しかし色っぽいお尻ですねえ (@@)


RX-8 タイムトライアル(四)
こんばんは 海かっぱ@管理人です

聖地でのRX-8杯の続編です

46秒台をたたき出したので、喜び勇んで聖地にカキコ
ど~よ DS2でもヤルときゃヤルのよ!
GOLDラインは44秒くらいか
ライバルさんたちのタイムが気になりながらも疲れたので就寝 zzz・・・

朝一番でタイムチェック!





う・・・
ヨンジュウビョウ・・・

ひどいです

ひどすぎますよフルブーストさん

ヨンジュウビョウキレマスヨ・・・

o)).........rz


闘志が湧いてきません
あまりに遠すぎます 6秒って

な~んて まあGOLD取れるなんて思ってないので素直に感動してしまいました
さっそくPS2に火をいれて、いざ出撃!
さてどこでタイムを削り取るか?
とりあえずゴースト追っかけてみる
ゴーストが目の前でとても邪魔
いつまでたっても追い越せないし、離されない
ということはタイムの切り代がないということではないか!
Best更新ならずして休憩

N1タイヤでの修行をフト思い出す
・・・(ステアリングを)切りっぱなしでコーナリングするのではなく、小刻みに舵角を与えると安定してコーナーを抜けられてたなあ・・・

早速実践
意識しすぎてなかなかうまくいかない
いかないが徐々に慣れてくると確実にタイムが縮まってくる
じゃまなゴーストを消して渾身のLAP

8分44秒151!

ようやく45秒切り
でもこのあたりが年貢の納め時っぽいですね
親指も痛いので、今日はこれにて


RX-8 タイムトライアル(参)
N1タイヤを装着していざコースへ
当然ながらN2よりもグリップが低い
でもRX-8は足回りがいいので、コントロールは比較的容易に感じる
10周ラップしたところで、9分10秒あたり
タイムよりコントロールに徹したので、まあこんなものか

再度N2に履き替えてコースイン

1周目 9分00秒
2周目 8分55秒

タイムはあがらないがコントロールはできている
タイヤのグリップがあがったので、ブレーキングポイントを補正していよいよ本アタック

そして5周目 8分46秒426!

まぐれもあったが納得のLAPで大満足
さて聖地に行って登録だ!!

RX-8 タイムトライアル(弐)
8分50秒は切れるのに49秒が切れない

現在のベストラップ 8分49秒003

グランツさんやsatoru-zさんは48秒台の世界へ
3/1000秒の壁は果てしなく高い気がします

これからN1タイヤに履き替えて修行です・・・南無三


RX-8 タイムトライアル
グランツさんの「我らが聖地ニュルブルクリンク」でRX-8タイムトライアルが始まる模様
ハチロクN1・9分斬りに燃えていたところであるが、こちらも楽しそうなので即浮気(^^)
同一条件のTTは皆さんとのレベル比較ができてとても励みになります
競争車両はRX-8 Type-E
早速買わねば!!何色にしよっかなあ~

86レビンでニュル快走(その七)
N1チャレンジも9分15秒を切ったので、小休止 ふぅ
んでもってN2タイヤに履き替えていよいよ9分切りを目指すことに

お~やっぱN2タイヤはグリップ感が別物ですなあ
グイグイ曲がるし、横っ飛びしてもキュキュッと収まるし、感覚的にはまるでSタイヤのよう!
ホーホアイヒェンのスラロームも快調!
クヴィッデルバッハ=ヘーエの高速右コーナーも全開!
シュヴェーデンクロイツの最高速左コーナーもハーフスロットルで難なくクリア!(tawaさんのニュルMapに感謝)

そんなこんなでいきなり9分5秒台をマーク!
このまんまタイムアップすれば9分切りできそうな予感

しかし・・・いいんだけど・・・なにか足りない・・・

ハチロク自体が「タイヤに負けている」のか?

なんかあんましドキドキしないなあ・・・
やっぱ130psそこそこのハチロクにはN1タイヤがお似合いだ(一般的にはちょっと変わってるかも・・・)

てなことで、またまたN1タイヤに履き替えてGO!
ついでにマフラーもレーシングに換装してGO!GO!

やっぱりこれかな と

でもなんかすごく走りやすい
ホーホアイヒェンのスラロームも快調?
クヴィッデルバッハ=ヘーエの高速右コーナーも全開?
シュヴェーデンクロイツの最高速左コーナーもハーフスロットルで難なくクリア?
ん?ん?ん?

どうやら
N1に履き替える → グリップ落ちる → 慎重にせねば
という意識が働いたため非常に丁寧なステアリングになっている(気がする)
クヴィッデルバッハ=ヘーエも「こじる」ステアリングではなくグリップの抜けを感じつつ「小さな操舵角」になっている(気がする)
実際、N2タイヤ装着時と遜色ないのスピードで走っている

結局「欲」をだしてコースアウトしてしまったりするので、タイムには結びついていないが、これはまだまだ「成長の余地あり」の気配です

よって新たな目標

N1タイヤパワーアップ・軽量化なしで9分斬り!!

に突入です!
まさに己との勝負・・・

86レビンでニュル快走(その七)
もう無理です
DualShock2握れません

最終Time  9分14秒969

ガクッ・・・ツーーーーーーーーーーーーーーー・・・

86レビンでニュル快走(その六)
トランスミッションをフルカスタマイズに換装していざ出撃!
とりあえず6速もあるんだからということで、思いっきりクロスに設定

・・・忙しい・・・シフトチェンジが忙しい・・・

クロスミッションだけを狙っても無駄ということ
ニュルは80~150km/hのスピードエリアを多用するので2・3速をワイドで使えるように設定
正直6速は捨てました

これがドンピシャ!(もはや死語か?)
コーナー出口でクルマをぐいぐい押し出してくれる!

その結果!ジャカジャーン

なんと! 9分17秒388

・軽量化なし(ぺラシャフトもノーマル)
・パワーアップ系チューンなしの136PS
・N1タイヤ装着


感動です!感動的すぎます!トランスミッションでこんなにタイムアップできるとは!
さすがにニュルは奥が深すぎる

フルブーストさん
当方まだまだタイムアップできそうですよ!

ケロケロケロ!!


86レビンでニュル快走(その伍)
とりあえず軽量化は保留して、カスタマサスを装着して再TRY

気分転換に洗車とオイル交換へ
オイルを交換したら129psがなんと136psに!

セッティングは初期設定をベースにF/Rともに3.5kgあたりで調整
デフの加速側をかなり強めにして流れながらもトラクションを稼ぐ
車高はノーマル-10mm前後で若干の尻下がり
ここで疑問
ハチロクはリアがリジッドアクスルなのにキャンバーが調整できるってドーユーコト???

若干リアが暴れだすことはあるものの、おおむねニュートラルなハンドリングになった
クリップからアクセルオンでリアがスライドを始めるが、カウンターゼロのままアクセルを開けていける感じになった
左コーナーでインにつけない悪い癖を常に気にしながら、丁寧な進入を心がける
若干奥めにクリップを設定したパッシングラインを意識する


自己ベスト更新!

9分24秒812!

オイル交換でのパワー復活のおかげもあるだろうが、自分なりには「セッティング」と「自己抑制」でたたき出したタイムと確信!
リアはまだ煮詰まる余地があるし、いくつかのコーナーで新しいラインを発見した
残るカードはカーボンペラシャフト、レーシングブレーキ&ブレバラ

軽量化なしN1タイヤでも20秒切りは夢ではなくなった気がします


86レビンでニュル快走(その四)
一旦はN2タイヤクラスへの移籍に心傾けたところ、
satoru-zさんからのアツい檄(げき)をいただいたり、グランツさんのblogの「GTRunner」にハチロクN1野郎としてエントリーしていただいたり、新たな闘志がニュルニュルと湧き上がってきました
ということで、「ハチロクN1ニュル快走」レポ継続しま~す

現在の自己ベストが 9分28秒869
ここからタイムを削り取るため、デフの設定を変更して1wayに近い感じで試走
ターンインでのもっさり感が薄れていい感じになりました
タイム的には30秒前半でしたが「乗れてる」感のあるセッティングに近づきつつあります

あと「軽量化」に手を出すかどうか・・・を葛藤中です

軽量化すると元にもどせないんですよね
やっと出会えたパンダの新古車なので、できる限り「キレイ」な体で居させてやりたいけど、タイムもあげたいし・・・軽量化すると別物になるんですよねえ フットワークがよくなって・・・ああああ・・・でも軽量化すると元に戻せないし・・・でも・・・でもでも・・・はああ

苦悶の日々は続くのでした

86レビンでニュル快走(番外)
海かっぱ@管理人です

今週は地方巡業に出ていたので、更新できませんでした
N1タイヤでのTAはどうやら自己限界のようです
巡業から帰ってきてさっそくTAしたのですが、さすがに4日間のブランクは大きく35秒もきれないありさま・・・
28秒台は単なる僥倖だったのかも

フルブーストさんがグランツァに乗り換えたのは少々さびしい気もしますが、「フルブースト仕様」でがんばってみたいと思います
しかしさすがに9分切りはむりだわな~


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

powered by Google

Powered by Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。